スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

大人の歯列矯正は医療費控除の対象にならないの?

「大人の歯列矯正は医療費控除の対象になりませんよ。」と言い切ってる人や 実際に税務署で言われたという人たちを 時々 見かけます。
でも ちゃんと 医療費控除の対象になりますよ。
実際 私も去年 39歳で 医療費控除 受けてますし、たくさんの矯正ブロガーさん達も 医療費控除 受けてますからね。


で、ここから、
去年も歯列矯正での医療費控除をやってるし、それまでにも 医療費控除の申請や 高額医療費の申請、住宅ローン控除などなど、
確定申告会場でもしたこともあるし、出張して手続きしてくれる公民館でもしたこともあるし、郵送でもしたこともあり、何回も やってる得子の実体験にもとづく 根拠のない 大きな独り言です。(笑)


こういう税金のことなんかは 取られるもんは こちらが何もしなくても しっかり 自動的に 取られるシステムになってますが、
年金とかでも そうですが、もらえるもんは 告知も何もなく、やり方なんかも こちらから聞かないと 説明もないし、申請を 自分でしないと なんにも もらえません。
調べても いまいち よく分からないとか、ホント ややこしく作られてます。
というか ホントは もらえるというよりも 自分の お金が返ってくるんですけどね。

今はネットでいろいろ調べることも出来るし、国税局のHPで 金額も自動で計算できたり だいぶ 簡単には なってきてますが、それでも 自分で申請しないといけませんしね。
こんな手続きをしてくださいね。なんていう お知らせハガキなんてもんは きませんしね。
いくら使ったかっていうのは 国が分かるもんでもないし、全員に お知らせハガキなんて出してたら、税金のムダ使いだとは 思いますけども。


大人の歯列矯正でも 医療費控除の対象になるんですが、
それを知らないのか? できれば返金したくないからなのか? 分かりませんが、 
「出来ない」と言いきる人や なんとかして払わないで済まそうとしてる税務署も あるみたいなんですね。
ほんの1部の人だけだと思いますが。

ちゃんと 控除の対象には なるもんだし、別に 脱税をしようっていうわけでもなく 正当なことをしようとしてるだけなんですが、
まぁ 普通 こちらは シロウト、あちらは プロですから。
専門用語 使われたら わかんないし、プロに言われて 反論できる人なんて あまり いませんよね。
普通は「他の人は できてるのに、なんで できないの?」「でも 受け付けがダメっていうのに、いったい どうしたら いいの?」。。。方法が わからん。。って感じじゃないですか?


実際の提出方法なんですが、4つあります。
得子は 3つの方法をやったことがありますので、その時の感想をば。。
住んでるとこによって違いは あると思いますが。

公民館や役場の支所などで、日程指定で税務署の職員が出張して手続きしてくれるものに、行く

広報誌や役場のHPなどで、出張場所と日時が 分かると思います。

初めての時は これに行きました。

これは 税務署の職員が公民館などに 出張してきてくれて手続きが出来るようになってます。
日時指定で 仕事を休んでいかないといけなかったりしますが(予約制では ありません。)
近所の人ぐらいしか行かないので、待ち時間は 少ないし、分からないことも 担当者が 1対1で 親切丁寧に 教えてくれます。
同じ人間でも 時間に余裕がある時と ない時では 変わりますよね。
といっても、ある程度 自分でも まとめていかないと いけませんが。
1対1で ちゃんと 見てくれ、計算間違いをしてないか、書き方が間違ってないか ホント 細かく 見てくれました。

すごくチェックしてくれるので、もしかしたら。。もしかしたらですが、歯列矯正のことについても 細かく 聞かれるかもしれません。


税務署 または 代替会場に行って 申請

これは 行くだけで疲れました。
申請者も 職員も アルバイトも めちゃめちゃいるので、田舎もんの得子としては 人ごみに 酔いました。
で、1つのことが終わる度に 順番待ちで、分からない箇所があって聞きたくても、同じように聞きたい人が たくさんいるので、なかなか聞けないし、そして職員も 対応しなきゃいけない人が 多すぎて 詳しく説明してる時間がない!したくても出来ない状況です。
一言 言い終わるか終わらないかで、他の人のところに行ってしまいます。
でも あまりの人に 職員が悪いのではなく、ホントに もうしょうがない状況です。

でも この方法が たぶん 1番 一般的な方法だと思います。
最近では ネットがあるから 状況は 変わってきてるとは思いますが、昔からある方法で 1番一般的かな?と。

申告会場にもよると思いますが、最低1時間は みないといけないかと思います。
実際の手続きは 10分とか そんなもんです。
もう 私は この方法は 二度としたくないと思いました。
東京とか住んでる人は 大丈夫なんかな?


実際にやったのは こんな感じでした。

会場前の廊下に ずらっとイスが並べてあり
職員「○○の手続きの人は 左から 順番につめて イスに 座ってください!」

とりあえず、イスに座る。
順番に イスを動いていき、やっと自分の番が来ました。

職員「ここから ここまでの人は あちらのテーブルに行ってください!」

ん?順番に手続きしてくれるんじゃなく、テキトーに 空いてるとこにいくのね。
会場 入ると イスとかは なく 全部 立って手続きしました。
ん?書類は?どこに書き込む書類があるんだ?
みんな手 挙げてるし。 
手を挙げて、職員が来てくれるのを 待つのね。
「はいっ

。。。全然こない。。。
要領のいい人なんかは 私より後から来ても 先に質問してるなぁ。。。
はぁ。。どうしたら いいんだろ?
とりあえず、書類がないから 書き込めないよ。

となりのおばちゃんは 書類を持ってたので、とりあえず となりにいた おばちゃんに「その書類は どこで もらうんですか?」と聞いてみる。
自営業の人だったみたいで、この会場でもらった書類では なかったみたい。

かなり待って、やっと職員が来てくれ、書類をもらう。
で 自分で計算したものとか明細書を見て 書き込む。
これで いいんかなぁ? ここで チェックしてもらうんかなぁ?
とりあえず また 手を挙げて 待つ

職員「ここと ここを合計したものを ここに書いて。」
言い終わるか終わらないかで、別の人のとこに 行っちゃう。


「はいっ」また手を挙げる。

「これで いいんですか?」
職員 「ここと ここに 書けてるし、OK。」
でやった時は 私の計算が合ってるか確認してたけど、まったく計算しないのね。
領収書のチェックもしないんだ。。
ちゃんと 埋まってるかどうかだけのチェックなのね。。

会社の年末調整が間違ってて、会社が訂正してくれなかったので、それを言うと、「あ~、そういう会社も あるね。」と苦笑いで、ここで 出来るからと その分については 親切丁寧に教えてくれました。

で、次の場所。
こっちで いいんかな~?

会社の年末調整が間違ってるのがあるので、最初の職員が 付箋をつけて書いてくれてたんですが、私からも説明。
ホントは ここでチェックだったみたい。

次はパソコン入力の場所。
ここは 短期のアルバイトの人が入力をしてくれます。
私の場合、会社の年末調整を訂正してくれなかったという例外なところがあるので、私からも説明したし、付箋で こういう風に 入力すると ちゃんと書かれてあったのですが、
研修は あるんだろうけど、短期のアルバイトの人なので、分からなかったんでしょうね。職員の人を呼んでました。
ここのパソコンで金額がはじき出されて、これで金額は 確定するみたいです。
で、書類をプリントアウトしてもらって、また次の場所に並びます。

書類を渡して やっと申請が終わりました。


申請者が 多すぎて、職員が 申請者に比べると極端に少なく、(アルバイトの人は 多かったけど)
の時のように 領収書の内容チェックとか 計算が合ってるかどうかのチェックとかはなかったです。
そして、その日のパソコンで入力された時点で、金額は確定するようです。
もし、私が計算違いをしてても そのまま通っちゃうんじゃないかと思いました。

私は これは 歯列矯正のではないので、何もなかったんですが、
一応のチェックは ちゃんとしてるので、金額が高いのがあれば、チェックされ、これで なんか言われるところも あるみたいです。
「出来ないよ。」と言われることもあるみたいだし、他の職員が「いや、できるよ。」などなど いろいろな対応をされてるみたいです。
ほとんどのところが「矯正だから こんなに かかってるのね。」だけみたいですが。(一応の内容確認だけみたい)



郵送

国税局のHPで 入力し、プリントアウト(2番で アルバイトに入力してもらうのと同じものです)して、領収書やら 明細書の書類をつけて 郵送します。

私は去年の歯列矯正の医療費控除は この方法でしました。



e-TAXで 自宅で インターネットで申請

ICカードリーダーと住民基本台帳カードが必要です。
私は 持ってないので、この方法でしたことがありません。

ですが、もしかしたら、これが 1番ラクなんかもしれません。
なぜかというと、領収書がいらないから。
いらないというと、ホントは違うんですが、なんか おかしいとこがあって、税務署から 確認が来た時のみ チェックされます。
脱税するわけでもなく、普通にする場合は チェックなんて 入らないですからね。
 



実はの 例外で やってもらった
『年末調整が間違ってて、会社が訂正してくれなかった』という件なのですが、
本当は 会社が訂正をしないといけないんです。
ですが、何度も何度も 言っても 訂正してくれなかったんです。
なので、合併前の本庁の税務課に 聞きにいったのです。

なのに、
税務課「会社に やってもらってください。」
私「。。。。。。だから。。。。会社が やってくれないから、他に方法がないのか 聞きにきたんじゃないですか。」
税務課「会社を通じてしか訂正できませんから。」
私「間違ってるのに、税務署からチェックとか入らないもんなんですか?」
税務課「会社に してもらう以外に方法は ないです。」

という対応だったんです。
でも 間違ってる年末調整自体も おかしいし、間違った金額から医療費控除の申請するの?っていう思いがあって、
とりあえず、給料明細やらなんやら 分かる書類を全部もって、番の 合併後の本庁の税務署(違う場所)に行ったんです。
そしたら、私の説明を聞き、税務職員も計算しなおし、
「あ~~~~。ホンマやね~。個人経営の会社?」と、
「今日 訂正できるから、ここと ここに この金額を書いて。。説明書きのメモをつけとくし。」と担当者のハンコを押して。
と親切な対応でした。し、ちゃんと訂正できるし。


だから、どんなことでも そうだと思うんですが、『対応してくれる人によって』『税務署の管轄によって』
対応とか 言うことって違うこともあるんですよね。

なので、中には 「大人の歯列矯正は医療費控除の対象になりませんよ。」と言われる場合が あるかもしれません。


そこで、私が体験してきた中で思うことは、
・何十万人?何百万人?の一斉に申請してきた人の分を 1ケ月ぐらいで 振込みできるように 処理しないといけない。
番の時は もう1度計算しなおすということは してませんでしたが、金額の高いものなど、ちゃんと見るべきところは チェックしていて、「これは ○○ということですね?」と確認されてたので、対面での申請の場合は いちいち確認されるかもしれません。


なので、郵送や e-TAXの場合などは よっぽどおかしいとこがない場合以外は いちいち 確認なんて してられないんじゃないかと思うんです。


なので、得子的に 1番無難な方法は 郵送 もしくは e-TAXではないかと思います。




医療費控除の 記事1 記事2 です。



よかったら、1日1回、こちらを クリックしてね→にほんブログ村 美容ブログ 歯列矯正へ





半分に切った 白菜を長持ちさせる方法。

芯のところを縦に包丁を入れるんだって。
そうすると 成長がなくなって、長持ちするらしい。
芯を 切りとってしまうと、成長はなくなるけど、水分も なくなるらしい。





白菜


スポンサーサイト
医療費控除 | 【2011-02-02(Wed) 17:11:34】 | Trackback:(0) | Comments:(2) | [編集]

医療費控除の時期がやってきましたね。

I先生から去年は ご家族の方、元気でしたか?」と
意味不明な(笑)あいさつから始まった 医療費控除の件でしたが、

もう そろそろ 医療費控除の時期ですね。

去年も少し こちらの記事に 歯列矯正での医療費控除について 書いたんですが、今年も 矯正ブログで 医療費控除のことが ちょこちょこ 話題になってきてるので、私も 書こうと思います。

私も税金のことを そんなに知ってるわけではないんですが、去年も歯列矯正での医療費控除をやってますし、
それまでにも 医療費控除の申請や 高額医療費の申請、住宅ローン控除などなど、
確定申告会場でもしたこともあるし、出張して手続きしてくれる公民館でもしたこともあるし、郵送でもしたこともあり、
何回も やってますので、初めての時は こんなことが わからなかったということを思い出して 書いていこうと思います。

実体験にもとづいてるだけなので、最終確認は ご自身でしてくださいね。


たぶん大人矯正のかたが 1番気になってることは 
大人の歯列矯正は医療費控除の対象になるかどうか?

対象に なります。

ちまたでは なるという意見や ならないという意見など、いろいろ 言われてますが、なります
18歳以上の歯列矯正は 美容になるので、ならないと言われることも あるみたいですが、歯列矯正は整形ではないので、なります。
これは 税務署によってなのか?担当者によってなのか? 申請する人が あまりよくわかってないのを逆手にとってか?「ならない」と言って 間違いを認めようとしない人もいるみたいなのですが、でも 控除対象ですので、大丈夫です。
もしも 押し問答をして、ならないと言われても、本当は 通るものなので、得子的方法で チャレンジしてみてください。 



申請時期は?

1/1~3/15

確定申告は 2/16~3/15なのですが、還付申告=つまり 医療費控除の申請は 1月に入って、税務署が 通常業務になれば 出来ます。
それ以外の時期にも 1年中できるそうなのですが、その場合は もしかしたら なんらかの加算税や手数料的なものが いる『かも』しれないそうです。

でも 得子的には 大人の歯列矯正費が含まれる場合、確定申告時期の 2/16~3/15の間にするのが 無難なんではないかと思います。
Q1との からみの関係で そう思うだけです。
根拠は ありません。


大人の歯列矯正は医療費控除にならないと思って、去年は申請しなかったよ。

5年間は さかのぼって申請できるので、やってみてください。



10万円超えなかったんだけど。

年収 200万以下の場合、5%の金額を超えたら 申請できます。
例えば 年収 180万の場合、9万以上あれば 申請できます。


10万円超えなかったんだけど。

バス代や 電車代などの交通費も 足してくださいね。駐車場代も入れてください。
でも 自家用車のガソリン代は ダメですから。
あと、ドラッグストアで買った風邪薬なども 入れれます。


10万円超えなかったんだけど。

家族全員分を足してくださいね。

独身で会社員で、私も父も 正社員で 働いてても 生計を共にしてたら
父+母+本人+兄弟の金額を足せます。


いくら 戻ってくるの?

所得税の金額が上限です。

払いすぎた医療費が もどってくるのではなく、所得税が 戻ってくるので、
医療費から計算すると 10万還付だったとしても 所得税が 3万しかなかったら 3万しか 戻ってきません。


一括支払いと分割支払い どっちが得なの?

基本的には 一括です。
ただし、Q7のからみがあるので、いちがいには 言えません。

例えば 90万を一括で支払う場合と 3年間に渡って 年30万づつ支払う方法で 比較しようと思います。

*一括90万の場合
90万-10万=80万 
税率5%の場合 80万×5%=4万   『4万の還付金』

*年30万を3年間の場合
30万-10万=20万
税率5%の場合 20万×5%=1万
1万×3年分=3万           『3万の還付金』

10万を引いた金額で計算します。
ので、一般的には 一括の方が多く戻ってきます。
ですが、Aに書いたように 所得税が上限なので、住宅ローン控除があったりなどなど 分割の場合の方が多くなる場合もあります。


誰の分で申請したらいいの?

所得の多い人の分で申請します。

で 税率5%の場合と書きましたが、所得が多ければ 税率10%だったり、20%だったりしますので、税率が大きい人で申請した方が 多く戻ってきます。
たとえば、お父さんが1番収入が多かったので、お父さんで申請しようと思うけど、私が 医療費のほとんどを占めてるわ。。。という場合、申請した人の名前の口座以外に振込みすることは出来ませんので、あとで お父さんから もらってくださいね(笑)
 

診断書は いるの?

あれば、ベター、なくてもOKです。

去年は 得子は なしで申請しましたし、診断書以外の治療計画書的なものとか 何もつけなくて 申請しましたが、なにごともなく すんなり通りました。
で 計算しているように 意外と 戻ってくる金額って少ないんです。
とは言っても、申請すれば 住民税も 安くなりますので、申請は した方が いいと思いますけど。
なので、得子的には 診断書を無料で書いてもらえるなら もらったほうがいいかもだけど、
有料なら もしも 万一 申請が通らないとなってから 書いてもらえばいいと思います。普通は なくても 通らないことは ないと思いますが。


治療内容は なんて書けばいいの?

私は 「歯の治療」と書きました。

I先生は、税務署、担当者によって すんなり通る場合と なかなか通らない場合があり、
「噛み合わせ治療」と書くと通らない『場合』があるので
「食べるのが困難なので、食べれるための治療」と書くといいと言われてました。
得子的には できるだけ 簡単に表現した方がいいんではないかと思います。



以上、体験談に基づくQ&Aでした。
国税庁のQ&Aは こちら


次は 「大人の歯列矯正は医療費控除の対象になりません。」と ごねられた場合の得子的裏技(?)です。



よかったら、1日1回、こちらを クリックしてね→にほんブログ村 美容ブログ 歯列矯正へ


楽天ポイントを使うのに、何か いい商品ないかな~?と探してたら、これ↓100円 目が点になっちゃったよ。(゜▽゜)

はきもの広場という お店なんだけど、他にも ブーツが 400円だったり、瞬足 2足で 3000円しないし。。
3000円以上で送料無料になるし、ネットは すごいな~。





医療費控除 | 【2011-02-01(Tue) 09:56:37】 | Trackback:(0) | Comments:(2) | [編集]

医療費控除のポイント

もうすぐ確定申告の時期ですねぇ。
まぁ 還付申告なら もう出来るんですけど。 

歯列矯正中のみなさん、医療費控除の申請をして、税金 取り戻しましょうねぇ。

私も 2009年に 歯列矯正を始めて 10万超えてますので、医療費控除の申告しますけど、
この歳になると、今までにも 住宅ローン控除や医療費控除の申請を何度もしてますので もう、慣れたもんです。

なので、詳しい やり方なんかは いろんなところで 分かると思うので、
得子さん的 医療費控除のポイントなんかを 書こうかな?と思います。


まず、最初に、大人の歯列矯正は医療費控除の対象になるかどうか?ですが、

できます


I矯正歯科でも 歯列矯正は 医療費控除の対象になりますし、診断書も要りませんからとの説明がありましたが、
I矯正歯科と得子さんの住んでる市は違うので 税務署の管轄も違うのですが、
住宅ローン控除や医療費控除の申請を何度もしてる得子さんから言わせると、その通りだと思います。

まぁ。。少ないとは思いますが、 ○○美容歯科という医院名だと診断書が必要かもしれないですが、
○○歯科とか ○○矯正歯科とかだと、必要ないですね~。


次に、控除の対象になるものですが、
詳しくは国税局のHPなんかを見てもらうと載ってると思うので、そういうのは 省くとして、
対象になるのかどうかが気になるものとして 「ハブラシ」があると思うんですが、
ドラッグストアで買ったものは 対象には ならないと思います。 マスクとかも対象になりませんしね。
で、歯科で買ったハブラシはビミョウだと思います。


つ目、金額ですが、
1年目だと10万超えてると思うのですが、2年目以降で 10万超えてなくても 申請できる「場合」がありますので、一応 確認してみてくださいね。
 
・年収 200万以下の場合、5%の金額を超えたら 申請できます。
例えば 年収 100万の場合、5万以上だと 申請できます。

・あとは、家族で合算できますので、家族全員分の医療費を足してみてくださいね。
それと、バス代や 電車代などの交通費も 足してくださいね。
でも 自家用車のガソリン代は ダメですから。


提出方法ですが、つ 方法があると思います。


インターネットから送信

郵送

税務署 または 代替会場に行って 申請

公民館や役場の支所などで、日程指定で税務署の職員が出張して手続きしてくれるものに、行く



やり方も分かってるし、忙しい人は が いいと思います。

は ICカードリーダーというものが必要です。


やり方がわからないという人は 出来たら が いいと思います。

日程を合わせるのが大変だし、会場によっても違うと思いますが、1対1で 分からないところをじっくり聞けるので 1番 いいかなと思います。


日程を合わせるのが無理なら、になりますが、
駐車場も待たされるし、
受付も待たされるし、
分からないところを聞くのも待たされるし、
パソコン入力も待たされるし、
書類提出も待たされるし。。。

税務署職員、アルバイトの人も たくさんいますが、それよりも申請する人の人数が 半端ないぐらいのすごい人で、
分からないことを聞きたくても ひとこと説明し終わると、あんまり理解できない状態でも さっさと 別の人に呼ばれて行ってしまうので、初めての申請で よく分からない状態だと 聞くに聞けない、やり方が いまいち理解できない状態に なると思います。
管轄によるのかもしれませんが、ほんとに すごい人なので、
職員の人も「ここと、ここ、バーっと 足したのを ここに書いて。」と言い終わるか言い終わらないかの状態で 別の人のところに行ってしまい、
「これは?」と思っても、もうすでに いない。
これが 控除対象になるのかどうかも よくわからない。。。計算式が合ってるのかどうか よく分からない。。
みたいな状態で、
ほんと 立ち食いそば屋さん状態、開店セール状態です。
職員の人も ちゃんとチェックしてくれません。(←この意味 わかる?)



あんまり分からないからの方法をとろうと思ってる場合でも ある程度の事前準備が必要です。
それは 領収書をまとめておくこと。

領収書のまとめ方ですが、月ごとではなく、 名前と医院ごとに まとめてください。

たとえば、
・得子 A病院 ○○円
・得子 B病院 ○○円
・子供 A病院 ○○円
というふうに。

あとは 手書きでもいいし、エクセルとかでもいいので、表にしておいてください。
病院の住所や 治療内容も必要です。
書き方は 個人名/続柄/病院、ドラッグストアなどの住所/病院名/治療内容/金額/高額医療費などの払い戻される金額 で書いていきます。


払い戻される金額は 国税局のHPで、年末調整の用紙を見ながら 入力していくと分かりますよ。

あとは、印鑑もって、レッツゴー




話は 変わりますが、にほんブログ村、 私が このブログを始めたころは 歯列矯正ランキングって、たしか 130人ぐらいだったと思うのに 今は 172人
すごいよね
歯列矯正が どんだけ メジャーに なったかっていうことかな
その中で、2/4現在で 3位に なっております。
いつも、地味~に 応援クリックしてくれる あなた ありがとう
ちょっとは 参考に なってるのかな
最近は すごい変化がないので、ちょっとネタ切れに なりつつあるんで、(。。。抜歯のことだけが 気がかりなんだけどもね)更新も 滞りつつあるんですが、応援クリックが励みになります。
また、なんか 書いてほしいことなんか あれば 気軽に コメントも していってくださいね~。





医療費控除 | 【2010-02-04(Thu) 16:08:36】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

Copyright © 歯列矯正ブログ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
  1. 無料アクセス解析
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。