スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

オパールエッセンスの使い方

アイドラッグストアーで 購入した オパールエッセンス 届いたのが こちら
ホワイトニング

・・・なんじゃこれ?(^◇^;)

ダンボール箱を 開けただけで、なんも いらってないんですよ。
緩衝材とかも 入ってないし、
日本語とは 言わん・・・英語の説明書みたいなんも 入ってないし、
納品書とかも 入ってないし・・・


ってか、消費期限が どこにも 書かれてない!


どこかに 消費期限が 書かれてるんじゃないか?と思って、
ダンボールも くまなく 見てみたし、
オパールエッセンス本体も 見てみた。

日本の製品だと シリアルNOとか 製造年月とかが アルファベット表記してあったりするから そういうのが 書かれてないのか 見てみたけど、
それすら 書かれてない。( ̄~ ̄;A


とりあえず、冷蔵庫 入れとこ。ε≡≡≡≡┌( `д´)┘

冗談じゃなく、ほんまに 冷蔵庫 入れといてください。


オパールエッセンス 本体は こんな感じ
ホワイトニング
注射器みたいな容器に 入ってます。


オパールエッセンスの使い方ですが、
まず、矢印のねじ込み部分を ねじ込んで はずれないように します。 
ホワイトニング


そして 矢印部分を ねじって 開けます。
この先の部分を なくさないように 気をつけてください。
反対向けに すると キャップに なります。
すごく 小さいし 透明なので 外したときに 置き場所を 確認しとかないと すぐに 消えちゃいます。
オパールエッセンス



オパールエッセンスの液は こんな感じでした。
ホワイトニング

透明なので わかりにくいと 思うけど、
瞬間接着剤みたいな 感じですね。

かなり ジェルが 濃いいです。固いというのかな?
瞬間接着剤が 固まりかけたぐらいの 感じですかねぇ。
ギューっと 搾り出すような感じで、垂れたり あんまり しない感じですね。


それを マウスピースに つけるか
もしくは 歯に直接 塗って マウスピースを はめます。

水分が ついてないほうが いいので、
マウスピースも 歯も ティッシュなどで 拭いておきます。

使用量は だいたい 1歯に つき、米粒 1つ分ぐらいだそうです。

多かったら 効き目が あるとか そういうものでは ないらしいです。

歯茎に つくと 紫色に なったり、白くなったり 血が にじんだりするらしいので、歯茎に はみ出たり ついてしまった分は ティッシュなどで 拭いておいたほうが いいようです。


最初は 白くなることよりも しみるのが 怖かったり 歯茎に つくのが 怖かったので、ものすごい 少なく つけてたら 最初の1本は 上下一緒に 使って 5回も 使えました。(^◇^;)

でも 全然 しみないし、白くなることも あまり 実感できなかったし、慣れてきたのも あって 2本目は ぎり3回分でした。


つけかたは
マウスピースに 直接 オパールエッセンスを 米粒ぐらいの量 出す。

シリコンはぶらしに オパールエッセンスを 出して、歯に 塗る。
ホワイトニング


ワンタフトブラシに オパールエッセンスを 出して、歯に 塗る。



の 3通りの やりかたで 歯に 塗ってみたのですが、
ささっと 短時間で できるのは のマウスピースに 直接 出す やり方ですね。

でも 下は リテーナーなので 歯に ぴったりなので こういう方法でも 出来るのですが、
上の歯は 自分で作ったマウスピースなので、
そこまで ぴったりと してないので、マウスピースに 直接 出す やり方は 出来ず。


歯ブラシに 出して 歯に 塗ったのですが、の ワンタフトブラシのほうが やりやすかったです。

そして、歯の根元とか サイドは ワンタフトで 塗るほうのが ちゃんと 塗れてる感じが します。


なので、時間が ある時は 上下とも のワンタフトブラシで 塗り、
ちょっと めんどくさいなーと 思う時は 上は ワンタフトブラシで 塗って、下は マウスピースに 直接 つけてます。




使用感とかですが、
最初は ミントの さわやかな スースー感が あって、
でも それが 気持ち悪くて・・・。
かなり 我慢してたんですが、
2回目までは つけてるの 40分が 限界でした。

10分ぐらいで もう 限界で、痛いとか しみるとか そういうのでは なくて
口に 入れてることに 気持ち悪さを 感じて。
TVを 見るのに 集中していたりして かなり 我慢して 我慢して なんとか やっと 30分 越えて・・・みたいな感じでした。

でも 慣れてきたのか 3回目からは ミント感も 全然 してる感じもないし、2時間ぐらい つけてられるように なってきました。

つけてる時に つばが たまってきたら 飲み込まずに 出したほうが いいと 思います。

使用時間は 30分~数時間と 書いてあるんですが、個人差は あると思うんですが、だいたい 2時間ぐらいが いいんじゃないかと 思います。
しみない人は もっと 長時間でも いいと思うんですが。




何回か 使用してみて 20%に すれば よかったかもなぁ・・・と 思いました。

なぜかというと 晩御飯を 食べて 歯磨きしてから ホワイトニングを つけて
お風呂に 入り、お風呂から 出て すぐに ホワイトニングを 外す
のが 得子の生活の中では 1番 やりやすかったかもなぁ と 思うからです。
それが だいたい 1時間。

お風呂から 上がると すぐに いつもは お茶を 飲んでたのですが、
ホワイトニングしてると お茶が 飲めない。

1時間ほどで 外すのは 15%だと ちょっと 短いかなぁ?と思うのです。
別に しみたりしてるわけでも ないから。
なので 20%のほうが よかったかも しれんな・・と。


何%を 選んだら いいのかは しみやすいかどうかというのが 1番 大きいと思うのですが、
何をしてる時間に 使うのか?というのも 大きいと 思いますね。



自分で 作った マウスピースなんですが、
使ってるうちに なんか やわらかくなってきたというか ゆるんできた感じが してきたので、
また 作り直したんです。
限界は あると思いますが 何回でも 作り直せるので。

今度は お湯の温度が ちょうど よかったのか 溶けて ふにゃーとなると 言うよりは
縮んで やわらかくなると いう感じでした。

縮んでいくのを すぐに 引き上げずに お湯に つけたままに してたからか? 歯に あわせても すぐに 固くならず のびも よく やりやすかったので、
指で 押さえるだけで 作ったんです。

見た目は 結構 うまく できてたのですが、実際 つけてみると ゆるくて・・・。

そしたら それまでは 全然 しみなかったのが、
しみるというより ぴりぴり 口の中が 痛い感じで。
歯ではなく 口の中が。

やっぱり マウスピースが ぴったりしてなくて オパールエッセンスが 口の中に 漏れると ダメみたいです。


そこで また マウスピースを 作り直しました。
今度は 真空状態に するように 空気や つばを 吸いまくるようにして 作りました。

そしたら 今度は すごく ぴったり。
オパールエッセンスも もれることも 全然ないし、なんか いい感じです。


リテーナーと違って やわらかいので 使ってるうちに また ゆるんできそうかも しれんなーという感じは ありますが、
やっぱり マウスピースの作り方のコツは   真空状態に するように 空気や つばを 吸いまくること みたいですね。


ゆるいマウスピースと わりかし ぴったりできたマウスピースの両方を 使ってみて思ったのが、
マウスピースのぴったり具合に よって しみやすさとか 白くなりやすいのかどうかとかも 少しは 影響ありそうだなーと。

唾液が 混じりやすいか どうかというのが 関係あるんじゃないのかなぁ?


でも まぁ なかなか白くならなければ、少し長めに つけておいたり 根気よく 何回も やったり、
しみるなら 短時間で 切り上げたり、数日 あけてから やればいいかな と 思います。


あとは 気休めかも しれないけど、ホワイトニングを したあと、
しみるのを予防するのと 虫歯予防に ホームジェルを 塗ってます。


効果のほうは、
最初は つけておくのに 気持ち悪くて 30分強が 限界だったんですが、今は 2時間ぐらいつけてても 平気だし、1度 4時間ぐらいつけてたことも ありました。
でも しみたりは 全然しないです。

そして 最初は 白くなってるのは 全然 実感できなかったんですが、5回目ぐらいから 少し 白くなってきたのが 実感できてきました。



ホワイトニングした後は 余計に 着色しやすくなってるらしいので、ホントは やめてたほうが いいみたいですが、
1日 3杯のコーヒーは やめられないし、カレーや ケチャップなどの色の濃いいものも 普通に 食べてるので、継続して 続けていってます。

とりあえず、ホワイトニング後 30分間は 特に着色しやすいらしいので 最低でも 30分は 色の濃いいものは さけるようには してますが。

だから 夕食後~寝る前に ホワイトニングしてるんですけどね。



マウスピースですが、お湯で 作るマウスピースが どうしても 自分では できなかったら、
もう あきらめて 歯科医院で 作ってもらうか
マウスピース不要の 使い捨てタイプ 10回 割引前価格 6200円のを 購入するか ですね。




オパールエッセンスなどのホワイトニング剤の購入のしかたの記事は こちら











よかったら、1日1回、こちらを クリックしてね

にほんブログ村 美容ブログ 歯列矯正へ

携帯の人は こちら→ブログ村 歯列矯正



スポンサーサイト
ホワイトニング | 【2012-07-07(Sat) 00:52:52】 | Trackback(-) | Comments:(7) | [編集]

オパールエッセンスの購入方法

ホワイトニング剤の購入方法です。

遅くなっちゃいましたが。(^◇^;)


数ヶ月前までは アマゾンでも 購入できてたんですが、取り扱いが なくなったようで、ホワイトニング剤の購入は 個人輸入という方法でしか できなくなったみたいです。

ホワイトニング剤の中で 1番 評判が いいのが オパールエッセンス というホワイトニング剤みたいです。

ジェル状に なってるのと しみにくい成分が 追加されてるので 評判いいみたいですね。

この オパールエッセンスは 歯科医院でも よく 使用されてるみたいですね。
得子は オパールエッセンスの 15%のを 購入してみました。
でも 実際 使ってみると 20%のほうでも よかったかも って 思いましたけど。

個人輸入できるサイトは たぶん 2つだけなのかな?
安く購入できるほうの アイドラッグストアーでの 購入方法です。


オパールエッセンス

上記の理由などから 直リンクが 貼れないので、次に説明する方法で 購入してみてください。



まず 下記、アイドラッグストアーのバナーを クリックします。

このバナーから サイトに  行くと 500円の割引クーポン券が もらえます。


YES(はい)のほうを クリックします。
オパールエッセンス


マイページを クリックします。
オパールエッセンス
500円のクーポンを もらうために 登録します。


初めて利用されるお客さま のほうで、登録します。
オパールエッセンス
登録が 終わって、もう1度 マイページを 確認すると 500円のクーポン券が 入ってるはずです。


医薬品を探すを クリックします。
(カテゴリで 探しても 直リンクが できない理由で 書いた理由に より オパールエッセンスなどは 出てこないように なってます。
オパールエッセンス



検索窓に 次の言葉を コピペして 入力してください。

  オパールエッセンス

そして、検索を クリックします。
オパールエッセンス


オパールエッセンスの検索結果が 出てくるので 購入したい %のものを クリックします。
オパールエッセンス
寝てる間に使用するなら 10%、起きてる時に使用するなら 15%か 20%が いいと思います。
いきなり 35%は 結構 チャレンジャーだと 思いますね。


7月5日まで 300円引きに なってますけど、得子が 購入した時は 6月何日かまで 300円引きだったので、その時々に よって いろんなキャンペーンを してるのかも しれません。
オパールエッセンス


5200円に なってますが、後で 金額が 勝手に 変わりますので、気にせず、カートに 追加を クリックします。
オパールエッセンス



この時点では キャンペーンの 300円が 引かれた 4900円の金額に なってます。
オパールエッセンス


次の画面で クーポン券の 500円を 入力しますので、お会計へ進むを クリックします。
オパールエッセンス


5000円以上の場合に ご利用頂けます と書いてあり、
300円値引きされてるので 4900円に なってますが、
元の金額が 5000円以上の場合であれば 使えるようなので、
ここで 500円のクーポンを 入力します。
(クーポンが あれば、入力窓が 表示されます)
これで 4400円で 購入できます。
オパールエッセンス



支払い方法を 選んで 入力し、最終確認画面へ進むを クリックします。
オパールエッセンス



あとは 届くのを 待つだけです。


500円のクーポンが 本当に適用されるのか 心配でしたが、
ちゃんと 4400円で クレジット決済されましたし、商品も 届きました。


海外から 発送なので、輸送の時間と 税関を 通過する時間が 必要なので 7日から 14日ぐらいで 到着すると 思います。

実際に 注文した時は、
注文を した 直後に 受注のメールが 届き(自動メールなのかな?)
翌朝 手配をしたとのメールが 届き(たぶん クレジット決済が 大丈夫だという確認が 出来たということだと 思います。)
翌日 発送したとのメールが 来ました。

トラッキング番号(送り状NO)と 追跡できるサイトのURLも 記載されており、丁寧なとこでしたね。

届いたのは 注文してから 8日後でした。
日本郵便の方が 届けてくれます。



上記説明のサイトは こちらです。↓
アイドラッグストアー






次は 使い方です。





よかったら、1日1回、こちらを クリックしてね

にほんブログ村 美容ブログ 歯列矯正へ

携帯の人は こちら→ブログ村 歯列矯正


















ホワイトニング | 【2012-07-05(Thu) 01:43:54】 | Trackback(-) | Comments:(0) | [編集]

追記あり。お湯で成形するマウスピースの作りかた

ホワイトニング用のマウスピースとして こちらの商品を購入しました。

歯ぎしりマウスガード




前回の記事は こちら

お湯で成形するタイプのマウスピースには、
70度で成形するタイプと 90度で 成形するタイプの 2種類が あるようで、

90度の方のが 強いというか 溶けにくいんじゃないか?と思って、
90度のタイプで 探してみて、
これが 1番 安くて、レビューも よかったので、これに しました。


この商品は 送料 入れると、楽天より アマゾンのほうが 安かったので、アマゾンで 購入しました。

そして 届いたのが こちら↓
マウスピース

さすが、アマゾン・・・。( ̄□ ̄;)
どんだけ 梱包、ムダなこと してるんだよ。ヾ(-_-;)

アマゾンって たまーにしか 使わないんだけど、いつも 商品と 梱包のサイズが 合ってませんねぇ。
これと 一緒に マーケットプレイスから 出品されてる商品も 2つ 購入したんだけど、そちらは 2つとも 商品に 合ったサイズの梱包でした。
いまどきのエコの時代には まったく そぐわないですね。(^◇^;)


マウスピースと マウスピースケースが 入っています。
マウスピース

手持ちの分と 大きさなど 比べてみました。

まず、T4A
マウスピース


リテーナー
マウスピース


見た目にも T4Aや リテーナーのほうが 小さい(短い)のですが、
成形前に とりあえず 口に 入れてみたら、大きすぎて、オエーー。(T-T)
何度 入れても オエー。(T-T)

マウスピースが 小さいとは 書いてあるレビューは いくつか あったのですが、
歯列矯正で 左右1本づつ、計2本 抜歯してるからなんでしょうね、私には 大きすぎ。

お湯に つけると 縮むとは 書いてあったのですが、
口に 入れた瞬間 オエーと なるので、端を 切りました。

歯軋り防止に 使うのではなく、ホワイトニング用として 使おうとしてるので、6番が 少し かぶるぐらいまで あったら なんとか なるだろうと 思って。


そして、説明と レビューを 読んで、作りました。

90度のお湯に つけるのですが、電気ポットを 持ってないので、お湯を わかして たぶん これぐらいかなぁ?と やったんですが、
まったく 歯型が つかないのです。

たぶん 温度が 低すぎたんでしょうね。
レビューに 100度で やったら どろどろに 溶けてしまったので、たった 10度の差だけど、気をつけたほうが いいですよというのが あったので、
温度を 低すぎるので やってたんだと思います。


10回ぐらい やり直してたのですが、全然 歯型が つかないので、
詳しく書いてくれてるブログか何か ないのか 探したのですが、
まったく ない!(T-T)

探し回って、探し回って、ようやく 2つ 運動用で マウスピースを 何回か 作ってる人のブログが 見つかったのですが、
言葉で 説明は あるものの、出来上がったマウスピースの写真さえなくて、見本に 出来るような写真が ないので、これで いいのか どうか よく わかりませんが、
なんとか 作ってみたのが こちら↓
マウスピース

リテーナーと 重ね合わせてみました。
マウスピース
下が作ったマウスピースで、上がリテーナーです。


最初に 10回以上 お湯に つけ やり直し、
ブログで 説明してくれてるのを 読んでからも 10回以上やり直し、
計 20回以上 やり直して コレです。(^◇^;)
めちゃめちゃ 難しい。

目の前で 作るのを 見せてくれたり、
やり方を 詳しく、コツなんかも めっちゃ細かく 説明してくれるブログや 動画とかが あったら 簡単なのかも しれませんが、
出来上がった マウスピースの写真さえ 載せてるサイトが どこ 探しても ないから これで いいのかどうかさえ 分からないし、
めちゃめちゃ難しかったので、自分で 作らず、歯科医院で 作成してもらうのが 無難だと思います。

でも まぁ 597円なので、ダメ元で 作ってみるのも いいかも しれないですねぇ。



作り方を 書いてあるブログの内容と 得子が 実際 作ってみた時の コツとかを 書いてみますね。

まず、電気ポットが あるなら それを 使ったほうが いいと思います。
電気ポットなら 90度という設定のが あると思うので、それを 使えば いいだけなので。

得子家には 電気ポットが ないので、90度が 分からないんですよね。
だから 失敗してるんでしょうけど。


まず、お湯とかに 入れる前に 口に 入れて イメージトレーニングを します。
お湯に つけたら 縮むみたいなんですが、長すぎると オエーと なるし、
成形しにくいので、この時点で ある程度 カットしておきます。
ホワイトニング用なので、6番と7番の間ぐらいの長さで いいと 思います。
これで たぶん 6番の半分ぐらいの長さに なると思うので、長いほうが よければ 調整してみてください。


マウスピースが きっちり つかる深皿を 用意します。
皿に 90度の お湯を 入れます。

(得子は 鍋で 沸かした お湯なので その お湯が 何度 あるのか どうかが よく 分からず、低すぎて 失敗してたりしてるみたいだし、
この方法で ホントに 合ってるのか どうか 自信も ないですけど、
詳しく説明してるブログが 1つも ないので 一応 説明しますので、やりかた 間違ってるよというのが わかるかたが いらしたり、このやりかたのほうが いいよというのが わかるかたが いらしたら コメントしてください。)

そして マウスピースを お湯に つけます。


一応 30秒 つけるみたいなのですが、お湯の 温度に よるのかも しれません。

つけてから、
ええーーーー!!Σ(・ω・ノ)ノ  溶けてきた~!! どないしよーーー!!
ってなってから 箸で 引き上げます。

たぶん コレが 1番のポイントではないかと思います。

温度が 低いと フニャーとならず、成形できません。

ええーーー!!コレで いいんかいなーー!!( ̄□ ̄;)と なってから、引き上げます。

得子は 何回か やって フニャーと なってから 引き上げるようには したものの、
なんとなく 怖くて フニャーと なって すぐ 引き上げたので、
すぐに 固まるので 
もしかしたら フニャーと なってからも 何秒か 引き上げるのを 我慢したほうのが いいのかも しれません。
実際 やってないので、つけすぎると 溶けてしまうのかも しれませんので、自己責任で やってください。

フニャーと なってるので、箸で 引き上げたあと、
口に 入れる時に 歯に 合わせにくいんですよね。(T-T)
あせりもあるし、歯に あわせてる間に 結構 瞬時に 固まってしまうのですが、
出来るだけ すばやく 歯に 合わせます。

そして、下の歯で ギューと かみ合わせ、(噛みあわせ部分を成形)
と 同時に 指で 歯茎の上からとか 口の 上から 押しつけまくります。

と 同時に これが 1番 重要ですが、

口の中を 真空状態に するように 唾液や 空気を 吸いまくります。 


この3点を 同時に すばやく、誰にも 見せられないような 鬼の形相で やります。(笑)

洗面所などの つばが こぼれまくっても いいとこで、
必死に 誰にも 見られないように 唾液を 吸いまくってください。


説明書には 唾液を 吸いまくることは 書かれてませんが、これが 1番 重要です。


追記
書き忘れてたことが あったので。

歯型の成形が 終わったら、
歯から 外さずに、歯を 上下あわせたまま、
水を 何回も 含んで 冷やします。
そして 完璧に 冷えてから 歯から 外します。

完璧に 固まる前に 外して それから 冷やすと また へんなふうに 固まると思いますので。




得子の場合は 90度なのか どうかが よく わからないので、フニャーと なって すぐに 引き上げるせいも あってか 
ほんとに 一瞬で 固まってしまうので、

もしかしたら 70度タイプのほうのが 作りやすいのかも しれません。


70度タイプのマウスピースに するのか、90度タイプのマウスピースに するのかは 自分で 判断してみてください。


固まってしまって 失敗したら もう1度 お湯に つけて やり直しが ききますし、得子なんて 20回以上も やり直したので・・・。(^◇^;)


ここまで やっても リテーナーみたいに きっちりした 歯型には ならなかったので、
私は 器用なので 大丈夫だわーという人も いるだろうし、
597円だからと ダメ元で やってみるか、
もう 最初から 歯科医院で 作ってもらうか、
マウスピースのいらないタイプの ホワイトニング剤に するかは 
ご自分で 判断してみてください。


アマゾンで 購入するなら、こちら↓

歯ぎしりマウスガード






次は ホワイトニング剤の購入方法です。













よかったら、1日1回、こちらを クリックしてね

にほんブログ村 美容ブログ 歯列矯正へ

携帯の人は こちら→ブログ村 歯列矯正

ホワイトニング | 【2012-06-18(Mon) 22:36:02】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

Copyright © 歯列矯正ブログ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
  1. 無料アクセス解析
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。