スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

FIXリテーナーのフロス対決

FIXリテーナーが ついた場合のフロス方法を 教えてもらい、
ブリッジ用フロスの見本を もらってきたので、自宅にある いろいろなものと 使いやすさなど 比較してみました。


まず、エントリーNO番  ブリッジ用フロス


エントリーNO番  釣り糸 3号
数字の大きいのが 太いのか? 細いのか? どちらか よく 分からない。( ̄∇ ̄*)ゞ
釣り工具箱を見たら、新品の3号が 入ってたので とりあえず やってみることに。


エントリーNO フロス通し
ブラケット期間中、上6~7番の間を通すのは 難しいので、以前に 購入してたんだけど、たまにしか 使わないし、使い捨てのもんでなく、洗って 繰り返し使えるものなので、まだ 残ってた。



やることは、このブラックトライアングル部分に ぶっ刺すこと。
通常の方法では フロスできない部分



まず、エントリーされてる商品以前に、ブラックトライアングルのサイズが大きいとこは 歯間ブラシで いけますよね。
なので、歯間ブラシのマイクロサイズも 通らない部分に 通してみました。




エントリーNO番  ブリッジ用フロス

FIXリテーナーが ついてる人が 私、フロスしてるよ~と言えば、コレが 一般的に 使ってる商品だと 思います。
実際の商品を 手に取って 実物を見るのは 初めてだったのですが、思ってたほど 固くは ないです。
フロスにも いろいろなメーカーから 出てるので 普通のフロスにも いろいろな固さが あると思うのですが、固めの普通のフロスと さほど 変わらないような感じです。

私の場合、下の歯は 歯の形なのか? よく磨けてるのか? 逆に腫れてるからなのか?
あまりブラックトライアングルが ないんですよ。

なので、固いといっても さほど 固くもないので、なかなか 通らない。
そのうち 唾液で 濡れてきて、やわらかくなってしまって だら~となってしまって 通すことが できませんでした。
そして、1回 通してしまうと その部分は 濡れてしまって ダラ~となってしまい、固いフロス!というのでは なくなるので、このフロスを 使ってる意味が ない。

結局、1回のフロスで 何個も 使う状態になって(先を はさみで 切って 濡れてない部分を 作るか) ただでさえ高いのに、いったい いくら かかるんだか状態。

それに 固いとは 言っても 普通のフロス。
イメージとして、普通の固めのフロスを 自分で ねじねじして 固くしたような感じ。
なので、結局 1番小さいブラックトライアングル、
場所的には ブラックトライアングルの場所なんだけど、隙間が まったくない、ブラックトライアングルとは 言わないようなには 1番 狭い場所には 通りませんでした。



感想としては こんな 高い お金出して、買うような もんか??って感じ。
もともと ブリッジ用なので、ブリッジに使うなら 意味あると思います。
どちらかと いうと 真ん中が 太くなってることに 意味が ある商品だと思います。
だから ブリッジに使うなら 買う価値はあるけど、FIXリテーナー用としては もったいないなーと思いました。

でも 普通のフロスだと やっぱり やわらかすぎて この商品より さらに 通しにくいので、
一応 このブリッジ用フロスを 勧めてるんだろうなーと思いました。
私も 他のエントリー商品のことを 知らなければ、すっきりしないながらも これしかないし と あきらめながら 使う感じですかねぇ。




エントリーNO番  釣り糸 3号

I先生が 見本にしてたのは 1号だったのですが、自宅に たまたまあったのが 3号だったので、3号のを 使ってみました。

お、これ いける!
細いし、普通に 持っても ガクンと 垂れ下がらないから 刺しやすい。(*^▽^*)
それに 唾液で濡れても 全然 だら~としないし、さっきの ブリッジ用フロスと全然 違う。(*^▽^*)
さっきのブリッジ用フロスは なかなか出来なくて 段々 イライラしてくるし、時間も かかって しんどくなってくるし、こんなに めんどくさいこと 毎日やるなんて ムリだわ・・・って感じだったんだけど、これは ストレスなく 出来る。

ただ、1番小さいブラックトライアングルのとこは もうちょっと 細い方のが いいなって感じだわね。

唾液で 濡れても だらっと垂れたりしないので、刺す場所を 替えるたびに 新しいのを 出したり、はさみで 切ったりしなくていいので、ラクだわ~。




エントリーNO フロス通し

フロス通しを使ってみると、フロス通しは ピンっ!と まっすぐで、
さっきの 釣り糸は 垂れてる感じ。
刺しやすさだけで 言うと フロス通しの方が 刺しやすい。

だけども、フロス通しの方が 釣り糸の3号よりも太くて、私のブラックトライアングルには キツい・・・。
2番目ぐらいに小さい場所を 通したら、裂けちゃったわ。

フロス通しって、1本の ナイロン糸を 熱かなにかで くっつけてるみたいで、つめで 挟んで ビーっと やったら 裂けるというか 1本に 戻りますよね。
そんな感じで 2番目ぐらいに小さいブラックトライアングルの場所でも かなりきつくて 無理やり通したら 裂けちゃったので 
私のブラックトライアングルには 使えませんでした。

ちなみに 1番小さいブラックトライアングルには 刺すことも できなかったです。



3種類 使ってみての感想は
使いやすさだけで言うと エントリーNO フロス通しが NOです。

だけども、ブラックトライアングルの大きいとこでないと ムリ。
というか ブラックトライアングルの大きいとこは 歯間ブラシで いけるから これ 使う意味は あんまりないと思う。

歯間ブラシも 入らないような 小さめのブラックトライアングルに 入って、
しかも ラクに、そして 経済的にも そんなに かからなくて・・
というと 総合的に やっぱり 釣り糸が NOですねー。

あとは 釣り糸の号数を 自分の1番小さいブラックトライアングルのサイズに 合わせることかな。



よかったら、1日1回、こちらを クリックしてね→にほんブログ村 美容ブログ 歯列矯正へ




スポンサーサイト
リテーナー装置 | 【2012-01-31(Tue) 09:58:00】 | Trackback:(0) | Comments:(3) | [編集]

FIXリテーナーのフロス方法

ブラケット外れたら、こちらのタイプのフロスが使えるなぁ(*^▽^*)と思ってたんですが、


前歯は FIXリテーナーとのことなので、前歯には ピック&フロスが 使えない。
あぁ なんて めんどくさいのぉ。( ̄~ ̄;A

それに 通常の方法だと この部分が フロスできませんよねぇ。
通常の方法では フロスできない部分


そこで、「FIXリテーナーだとワイヤー部分が ひっかかって、フロスが 最後まで 出来ないですよねぇ・・・。」と言うと、


「一応、こういうフロスが あるんやけど。」と 見本を。↓


本来は ブリッジ部分を 磨くため用の フロスなんですが、端っこが 普通のフロス()よりも 固くなってるんです。
(フロスの形状は こちら


端っこが普通のフロスよりも 固くなってるので、ブラックトライアングル部分に 通して、歯垢を除去するということなんです。
そうすると FIXリテーナーのワイヤー部分で 下(歯茎)まで 通らない部分まで フロスが 出来るということなんです。



と、ここまでは FIXリテーナーの清掃方法って どうしたら いいんだろう?と調べると すぐに 出てくると思います。

この後のI先生が 言われた方法、これが すごいなぁ。(*^▽^*)と思ったんですが。



「でも このフロス、手に入りにくいのと、高いんですよ。」


ドラッグストアやホームセンターでは 売ってないし、歯科医院で購入するか ネット購入でしか できませんよね。
値段も お口の専門店で、レギュラータイプ 100本入で、1095円でした。(タイムセール価格で)


「なので、手に入りやすくて 価格も安い こういうのを 使ってもらってるんです。」
と 言われたものというのが、









釣り糸  見本は 1号でした。




確かに コレだったら、釣具屋さんだけでなく、ホームセンターでも売ってるし、100均にも ありそうですよね。→手に入れやすい。

いくらぐらいか調べたら、1号で 1000mで 630円でした。→安い。
100均なら もっと 安いかも。



 I先生、めちゃくちゃ かしこい~(*^▽^*)




って、フロスじゃなくって ええの?って思ってる人も いるかな?
いや、フロスなんてね、多少 使いやすいとか 使いにくい、 多少 歯垢が 取れやすいとか 取れにくいとか そういうのは 商品に よって ありますけど。
でも それだけ。

別に フロスじゃなくても ミシン糸でも いいんですよ。(*^▽^*)
以前 テレビで見たけど、若いころから ずっと ミシン糸で フロスしているおばあちゃん、虫歯ゼロでした。
要するに 道具なんて なんでもいいんです。歯垢が 取れりゃあ いいの。


だから、I先生が 釣り糸って言われた時、この おっちゃん めちゃめちゃ かしこいやんけ(*^▽^*) って思ったんですねー。


FIXリテーナーが ついてる人、これから FIXリテーナーに なる人 
ブリッジ用フロスを使っているものの、高いよなぁ( ̄~ ̄;A って思ってる人、
これから FIXリテーナーのフロスは 釣り糸の時代ですよ。
納豆や黒豆みたいに 店頭から 商品が 消えるかもよ~。←それは ないけど。(笑)





ブリッジ用のフロスの見本を くれたんで、まだ ブラケットついてるものの、FIXリテーナーが ついた状況を仮定して ブラックトライアングルから フロスを通してみるという実験を いろいろなもので 試してみました。
また これは 次の記事にて。



よかったら、1日1回、こちらを クリックしてね→にほんブログ村 美容ブログ 歯列矯正へ


ギシグーぐらいしか買いたいものがないんだけど、送料がネックで・・・っていう人、2/3(金)AM9:59まで 送料50円セール やってますよ。






リテーナー装置 | 【2012-01-30(Mon) 13:26:42】 | Trackback:(0) | Comments:(2) | [編集]

FIXリテーナーの種類など

I矯正歯科でのリテーナーは 今 現在は(数年後には 変わってる可能性も あるんで)

最初の1ケ月間
上下とも FIXリテーナー + 青いナイトガードの成形前みたいなのを1~2時間/日 噛む

1ケ月~1年
上下とも FIXリテーナー + 寝る時のみ インビジブルリテーナー

とのことで、


FIXリテーナーのことを 聞いたら、本棚のほうを がさごそ探し出してきて、なにやら 本を もってこられました。

その本っていうのが、現地で買ってはいるんでしょうけど、輸入専門雑誌みたいな本で、
本というより 雑誌っぽいんだけど、FIXリテーナーばかりが 載ってる専門誌で FIXリテーナーを貼り付けてる症例写真と それを英語で 説明が 書かれてるような本でした。

パラパラとめくり・・・
「FIXリテーナーにも いろいろあるんやけど・・・
私の方法のが コレなんやけど。」と 

見せてくれたのが、コレ↓
と画像検索してみたものの、いろいろ画像を 見ていると 段々 よくわからなくなってきたので、違うかもしれないんだけど・・・。( ̄~ ̄;A


画像、ネットから お借りしてきました。

これ↓ か、
これ


これ↓ か、 ←たぶん これと一緒
これ


これ↓
これ


なんか 留めてある部分の接着剤か レジン部分か なんかが 白くて、ワイヤーは 細かったんですぅ。
自分が FIXリテーナーつけてもらったら、このへんの記事、差し替えか 追記するかも しれません。 (2/14訂正)

そして、雑誌に載ってる、I先生の方法の 上記のFIXリテーナーですが、
その雑誌のを見て、
「この人は 6番まで ワイヤーついてるんやけど・・・」

I先生の場合
4番もしくは 5番が 歯列矯正前に 歯列から大きく外れてた場合は、6番まで ワイヤーを貼り付ける。

4番抜歯の場合は 抜歯痕が 開いてきやすいから、5番まで ワイヤーを貼り付ける。

5番抜歯の場合は 抜歯痕が 開くことは まずないから 3番まで 貼り付ける

とのことみたいです。


だから、私の場合、上は 左右4番抜歯で、下は 左右5番抜歯だったので、
上が 1~5番までの8本をワイヤーで、下は 1~3番までの6本をワイヤーつけると言われたみたいです。

それと左下5番が 歯列から大きく外側に外れていたのを抜歯してるんで、大きくはずれていた歯というのがないので、6番までは つけないみたいですね。


まぁ ようするに 歯列矯正前の歯の状態や その人の歯の状態によって つける歯も 変えてるみたいです。



そして、FIXリテーナーだと 気になること。
フロス


私ねぇ、今でも フロスあんまりしないんです。
ブラケットついてると やりにくくて めんどくさい。
だから、歯間ブラシを つっこんでるんですよね。
1番小さい歯間ブラシっていうのが、コレ↓なので、


それで 入らないとこだけ フロスをしてるんです。
一応、コレ↓は 持ってるので、たま~には するんですがね。



なので、ブラケット外れたら、こっちのタイプ↓ ピック&フロスっていうやつね。


こっちが使えるなぁ。(*^▽^*) って思ってたんですー。
だから、その部分は ちょっとショックなんです。

で、もしも FIXリテーナーだと言われたら、とりあえず 聞いてみようと思ってたことが あるんです。
それは このFIXリテーナー↓ は 出来ないもんかどうか。
フロスが出来るFIXリテーナー
矯正医のブログさんから 画像お借りしました)

口頭で説明したんで うまく I先生に伝わってるかどうかわからないんですが、
「ネットで見たんですけど、ワイヤーが まっすぐじゃなくて、wみたいな形に ワイヤーが 曲がってて、歯と歯の間のとこだけ へこんでて、フロスが 通るようになってるFIXリテーナーは 出来たりしますか?」
身振りでも伝えてるんで どんなタイプかは 理解されたと思うんですが。


あぁ~、なんか 見たことあるなぁ と。


でも、
歯茎近くに ワイヤーつけるのは あんまり よくない。」とのこと。

理由は 言ってたんかなぁ?
覚えてないってことは 理由までは 言われてなかったんかな?


歯茎近くに ワイヤーつけるのは あんまり よくなくて、
だから、歯の真ん中辺りに つける
とのことらしいです。


でも、上の歯は 真ん中だと 下の歯に 当たる人もいて、その場合は 当たらないように 少し歯茎よりに つけるみたいです。

これは I先生が、舌側矯正が得意?メイン? なので、その辺は 感覚で 分かるんでしょうねぇ。


ということで、
歯列矯正前の歯の状態や 矯正後の歯の状態など、
患者さんごとに つける歯も つける場所も 変えてる みたいです。


そして、その時に 輸入専門雑誌みたいなのを パラパラめくってて、
ワイヤーを ネジネジひねってて 太くなってるFIXリテーナーのが あったのですが、

こっちだったか↓
ねじねじFIXリテーナー

こっちだったか↓
固いFIXリテーナー

どっちだったか わかりませんが、(もしかしたら もっと太かったかも?)なんせ ワイヤーをネジネジひねってて 太くなってるFIXリテーナーでした。

それを見て、
「こういうのは 固いんやけど、こういうのは 歯をがっちり固定してしまうから、歯に ダメージ与えるから よくないし、それに がっちり固定してるから ワイヤーが 外れやすい。」とのこと。

たとえば、ジャンプして飛び降りたとしますね。
ひざが 屈伸するから 別になんともないんであって、ひざが 曲がらなかったら 骨に衝撃あたえますよね。
そういうことを 言ってました。(たぶん)


なので、I先生が つけるFIXリテーナーのワイヤーは 細くて やわらかいんだそうです。


まぁ 理由は いろいろあって、そのワイヤーを選んでるみたいです。

なので、患者さんごとに つける歯の位置や 本数など 変えてるってことは もしかしたら 患者さんによって リテーナー方法が 違ってるのかもしれません。
(I矯正歯科のHPを見てると 見たことも聞いたこともないような なんじゃそれ?みたいな装置を 患者さんによっては 使うこともある とか書かれてるんで、患者さんに よって やり方を変えてる可能性も あるな・・と。)




前歯には ピック&フロスが 使えないのか・・_| ̄|○ と ガックリきていると、
FIXリテーナーでのフロス方法も 説明してくれました。
んで、その方法が なんか画期的(*^▽^*)
長くなったので、FIXリテーナーでのフロス方法は また次の記事に 分けます~。




よかったら、1日1回、こちらを クリックしてね→にほんブログ村 美容ブログ 歯列矯正へ




リテーナー装置 | 【2012-01-28(Sat) 09:19:38】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

Copyright © 歯列矯正ブログ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
  1. 無料アクセス解析
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。