スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

オパールエッセンスの購入方法

ホワイトニング剤の購入方法です。

遅くなっちゃいましたが。(^◇^;)


数ヶ月前までは アマゾンでも 購入できてたんですが、取り扱いが なくなったようで、ホワイトニング剤の購入は 個人輸入という方法でしか できなくなったみたいです。

ホワイトニング剤の中で 1番 評判が いいのが オパールエッセンス というホワイトニング剤みたいです。

ジェル状に なってるのと しみにくい成分が 追加されてるので 評判いいみたいですね。

この オパールエッセンスは 歯科医院でも よく 使用されてるみたいですね。
得子は オパールエッセンスの 15%のを 購入してみました。
でも 実際 使ってみると 20%のほうでも よかったかも って 思いましたけど。

個人輸入できるサイトは たぶん 2つだけなのかな?
安く購入できるほうの アイドラッグストアーでの 購入方法です。


オパールエッセンス

上記の理由などから 直リンクが 貼れないので、次に説明する方法で 購入してみてください。



まず 下記、アイドラッグストアーのバナーを クリックします。

このバナーから サイトに  行くと 500円の割引クーポン券が もらえます。


YES(はい)のほうを クリックします。
オパールエッセンス


マイページを クリックします。
オパールエッセンス
500円のクーポンを もらうために 登録します。


初めて利用されるお客さま のほうで、登録します。
オパールエッセンス
登録が 終わって、もう1度 マイページを 確認すると 500円のクーポン券が 入ってるはずです。


医薬品を探すを クリックします。
(カテゴリで 探しても 直リンクが できない理由で 書いた理由に より オパールエッセンスなどは 出てこないように なってます。
オパールエッセンス



検索窓に 次の言葉を コピペして 入力してください。

  オパールエッセンス

そして、検索を クリックします。
オパールエッセンス


オパールエッセンスの検索結果が 出てくるので 購入したい %のものを クリックします。
オパールエッセンス
寝てる間に使用するなら 10%、起きてる時に使用するなら 15%か 20%が いいと思います。
いきなり 35%は 結構 チャレンジャーだと 思いますね。


7月5日まで 300円引きに なってますけど、得子が 購入した時は 6月何日かまで 300円引きだったので、その時々に よって いろんなキャンペーンを してるのかも しれません。
オパールエッセンス


5200円に なってますが、後で 金額が 勝手に 変わりますので、気にせず、カートに 追加を クリックします。
オパールエッセンス



この時点では キャンペーンの 300円が 引かれた 4900円の金額に なってます。
オパールエッセンス


次の画面で クーポン券の 500円を 入力しますので、お会計へ進むを クリックします。
オパールエッセンス


5000円以上の場合に ご利用頂けます と書いてあり、
300円値引きされてるので 4900円に なってますが、
元の金額が 5000円以上の場合であれば 使えるようなので、
ここで 500円のクーポンを 入力します。
(クーポンが あれば、入力窓が 表示されます)
これで 4400円で 購入できます。
オパールエッセンス



支払い方法を 選んで 入力し、最終確認画面へ進むを クリックします。
オパールエッセンス



あとは 届くのを 待つだけです。


500円のクーポンが 本当に適用されるのか 心配でしたが、
ちゃんと 4400円で クレジット決済されましたし、商品も 届きました。


海外から 発送なので、輸送の時間と 税関を 通過する時間が 必要なので 7日から 14日ぐらいで 到着すると 思います。

実際に 注文した時は、
注文を した 直後に 受注のメールが 届き(自動メールなのかな?)
翌朝 手配をしたとのメールが 届き(たぶん クレジット決済が 大丈夫だという確認が 出来たということだと 思います。)
翌日 発送したとのメールが 来ました。

トラッキング番号(送り状NO)と 追跡できるサイトのURLも 記載されており、丁寧なとこでしたね。

届いたのは 注文してから 8日後でした。
日本郵便の方が 届けてくれます。



上記説明のサイトは こちらです。↓
アイドラッグストアー






次は 使い方です。





よかったら、1日1回、こちらを クリックしてね

にほんブログ村 美容ブログ 歯列矯正へ

携帯の人は こちら→ブログ村 歯列矯正


















ホワイトニング | 【2012-07-05(Thu) 01:43:54】 | Trackback(-) | Comments:(0) | [編集]

追記あり。お湯で成形するマウスピースの作りかた

ホワイトニング用のマウスピースとして こちらの商品を購入しました。

歯ぎしりマウスガード




前回の記事は こちら

お湯で成形するタイプのマウスピースには、
70度で成形するタイプと 90度で 成形するタイプの 2種類が あるようで、

90度の方のが 強いというか 溶けにくいんじゃないか?と思って、
90度のタイプで 探してみて、
これが 1番 安くて、レビューも よかったので、これに しました。


この商品は 送料 入れると、楽天より アマゾンのほうが 安かったので、アマゾンで 購入しました。

そして 届いたのが こちら↓
マウスピース

さすが、アマゾン・・・。( ̄□ ̄;)
どんだけ 梱包、ムダなこと してるんだよ。ヾ(-_-;)

アマゾンって たまーにしか 使わないんだけど、いつも 商品と 梱包のサイズが 合ってませんねぇ。
これと 一緒に マーケットプレイスから 出品されてる商品も 2つ 購入したんだけど、そちらは 2つとも 商品に 合ったサイズの梱包でした。
いまどきのエコの時代には まったく そぐわないですね。(^◇^;)


マウスピースと マウスピースケースが 入っています。
マウスピース

手持ちの分と 大きさなど 比べてみました。

まず、T4A
マウスピース


リテーナー
マウスピース


見た目にも T4Aや リテーナーのほうが 小さい(短い)のですが、
成形前に とりあえず 口に 入れてみたら、大きすぎて、オエーー。(T-T)
何度 入れても オエー。(T-T)

マウスピースが 小さいとは 書いてあるレビューは いくつか あったのですが、
歯列矯正で 左右1本づつ、計2本 抜歯してるからなんでしょうね、私には 大きすぎ。

お湯に つけると 縮むとは 書いてあったのですが、
口に 入れた瞬間 オエーと なるので、端を 切りました。

歯軋り防止に 使うのではなく、ホワイトニング用として 使おうとしてるので、6番が 少し かぶるぐらいまで あったら なんとか なるだろうと 思って。


そして、説明と レビューを 読んで、作りました。

90度のお湯に つけるのですが、電気ポットを 持ってないので、お湯を わかして たぶん これぐらいかなぁ?と やったんですが、
まったく 歯型が つかないのです。

たぶん 温度が 低すぎたんでしょうね。
レビューに 100度で やったら どろどろに 溶けてしまったので、たった 10度の差だけど、気をつけたほうが いいですよというのが あったので、
温度を 低すぎるので やってたんだと思います。


10回ぐらい やり直してたのですが、全然 歯型が つかないので、
詳しく書いてくれてるブログか何か ないのか 探したのですが、
まったく ない!(T-T)

探し回って、探し回って、ようやく 2つ 運動用で マウスピースを 何回か 作ってる人のブログが 見つかったのですが、
言葉で 説明は あるものの、出来上がったマウスピースの写真さえなくて、見本に 出来るような写真が ないので、これで いいのか どうか よく わかりませんが、
なんとか 作ってみたのが こちら↓
マウスピース

リテーナーと 重ね合わせてみました。
マウスピース
下が作ったマウスピースで、上がリテーナーです。


最初に 10回以上 お湯に つけ やり直し、
ブログで 説明してくれてるのを 読んでからも 10回以上やり直し、
計 20回以上 やり直して コレです。(^◇^;)
めちゃめちゃ 難しい。

目の前で 作るのを 見せてくれたり、
やり方を 詳しく、コツなんかも めっちゃ細かく 説明してくれるブログや 動画とかが あったら 簡単なのかも しれませんが、
出来上がった マウスピースの写真さえ 載せてるサイトが どこ 探しても ないから これで いいのかどうかさえ 分からないし、
めちゃめちゃ難しかったので、自分で 作らず、歯科医院で 作成してもらうのが 無難だと思います。

でも まぁ 597円なので、ダメ元で 作ってみるのも いいかも しれないですねぇ。



作り方を 書いてあるブログの内容と 得子が 実際 作ってみた時の コツとかを 書いてみますね。

まず、電気ポットが あるなら それを 使ったほうが いいと思います。
電気ポットなら 90度という設定のが あると思うので、それを 使えば いいだけなので。

得子家には 電気ポットが ないので、90度が 分からないんですよね。
だから 失敗してるんでしょうけど。


まず、お湯とかに 入れる前に 口に 入れて イメージトレーニングを します。
お湯に つけたら 縮むみたいなんですが、長すぎると オエーと なるし、
成形しにくいので、この時点で ある程度 カットしておきます。
ホワイトニング用なので、6番と7番の間ぐらいの長さで いいと 思います。
これで たぶん 6番の半分ぐらいの長さに なると思うので、長いほうが よければ 調整してみてください。


マウスピースが きっちり つかる深皿を 用意します。
皿に 90度の お湯を 入れます。

(得子は 鍋で 沸かした お湯なので その お湯が 何度 あるのか どうかが よく 分からず、低すぎて 失敗してたりしてるみたいだし、
この方法で ホントに 合ってるのか どうか 自信も ないですけど、
詳しく説明してるブログが 1つも ないので 一応 説明しますので、やりかた 間違ってるよというのが わかるかたが いらしたり、このやりかたのほうが いいよというのが わかるかたが いらしたら コメントしてください。)

そして マウスピースを お湯に つけます。


一応 30秒 つけるみたいなのですが、お湯の 温度に よるのかも しれません。

つけてから、
ええーーーー!!Σ(・ω・ノ)ノ  溶けてきた~!! どないしよーーー!!
ってなってから 箸で 引き上げます。

たぶん コレが 1番のポイントではないかと思います。

温度が 低いと フニャーとならず、成形できません。

ええーーー!!コレで いいんかいなーー!!( ̄□ ̄;)と なってから、引き上げます。

得子は 何回か やって フニャーと なってから 引き上げるようには したものの、
なんとなく 怖くて フニャーと なって すぐ 引き上げたので、
すぐに 固まるので 
もしかしたら フニャーと なってからも 何秒か 引き上げるのを 我慢したほうのが いいのかも しれません。
実際 やってないので、つけすぎると 溶けてしまうのかも しれませんので、自己責任で やってください。

フニャーと なってるので、箸で 引き上げたあと、
口に 入れる時に 歯に 合わせにくいんですよね。(T-T)
あせりもあるし、歯に あわせてる間に 結構 瞬時に 固まってしまうのですが、
出来るだけ すばやく 歯に 合わせます。

そして、下の歯で ギューと かみ合わせ、(噛みあわせ部分を成形)
と 同時に 指で 歯茎の上からとか 口の 上から 押しつけまくります。

と 同時に これが 1番 重要ですが、

口の中を 真空状態に するように 唾液や 空気を 吸いまくります。 


この3点を 同時に すばやく、誰にも 見せられないような 鬼の形相で やります。(笑)

洗面所などの つばが こぼれまくっても いいとこで、
必死に 誰にも 見られないように 唾液を 吸いまくってください。


説明書には 唾液を 吸いまくることは 書かれてませんが、これが 1番 重要です。


追記
書き忘れてたことが あったので。

歯型の成形が 終わったら、
歯から 外さずに、歯を 上下あわせたまま、
水を 何回も 含んで 冷やします。
そして 完璧に 冷えてから 歯から 外します。

完璧に 固まる前に 外して それから 冷やすと また へんなふうに 固まると思いますので。




得子の場合は 90度なのか どうかが よく わからないので、フニャーと なって すぐに 引き上げるせいも あってか 
ほんとに 一瞬で 固まってしまうので、

もしかしたら 70度タイプのほうのが 作りやすいのかも しれません。


70度タイプのマウスピースに するのか、90度タイプのマウスピースに するのかは 自分で 判断してみてください。


固まってしまって 失敗したら もう1度 お湯に つけて やり直しが ききますし、得子なんて 20回以上も やり直したので・・・。(^◇^;)


ここまで やっても リテーナーみたいに きっちりした 歯型には ならなかったので、
私は 器用なので 大丈夫だわーという人も いるだろうし、
597円だからと ダメ元で やってみるか、
もう 最初から 歯科医院で 作ってもらうか、
マウスピースのいらないタイプの ホワイトニング剤に するかは 
ご自分で 判断してみてください。


アマゾンで 購入するなら、こちら↓

歯ぎしりマウスガード






次は ホワイトニング剤の購入方法です。













よかったら、1日1回、こちらを クリックしてね

にほんブログ村 美容ブログ 歯列矯正へ

携帯の人は こちら→ブログ村 歯列矯正

ホワイトニング | 【2012-06-18(Mon) 22:36:02】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

ホワイトニング、注文しました。

ホワイトニングのこと、いろいろ 調べて 注文して、今は 到着待ちの状態なんですが。

なんやかんや いっても 結局は どこのメーカーの どの商品の 何%のを 買ったらいいのか?ということには なると思うのですが、
以前 I先生に 聞いたら

「オフィスホワイトニングと ホームホワイトニング どっちが 白くなるのか? っていうことなんだけど、オフィスホワイトニングのが 白くなるとか 言われてる先生も いるんだけど、
白くなる人は オフィスホワイトニングでも ホームホワイトニングでも どっちでも すぐ白くなるんだけど、
なかなか 白くならない人は どっちで やっても なかなか 白くならなくて、
ホワイトニングの種類は あまり 関係なくて、患者さんの歯の質に よるんです。
しかも それが やってみないことには する前に 歯医者が 見ても わからないんです。」

とのことで、
いろいろ レビューなんかを 読んでも、
ホワイトニングの濃度にしても しみる人、しみない人、
白くなる人、なりにくい人
が いるみたいで、

結局のところ、
とりあえず 最初は 評判のいい商品の 一般的な濃度で やってみて、
その結果に よって 次 買う時に そのままの濃度で いくのか、濃いい濃度に 挑戦してみるのか?

という感じみたいですねぇ。


で、どの濃度を選んだらいいのか?
とか
日本の厚生労働省で許可されたもののほうが いいのか?
ということですが、

歯チャンネルに わかりやすい説明が 載ってました。


歯チャンネルの説明でも あるように、
というか 他でも 同じようなことが 書いてあって、

結局のとこ、日本の厚生労働省で許可されたものよりも
アメリカの厚生労働省的なとこで 許可されたものの方のが 商品としては いいみたいですね。

日本の厚生労働省で許可は されてないので、個人輸入という形でしか 買うことは できないようです。
(歯科医院に すべて おまかせって人は このページは 読まないですよねぇ? 安く 自分で 購入できないのか?って人が 読むと思うので。)


個人輸入といっても、得子は 英語が まったく できないので、英語だらけの 英語でしか 取引が できないとこは わかりませんので、
日本のサイトで 日本語で 購入が できる 個人輸入代行サイトでの 購入に なります。

サイト自体も 日本人が 日本語で 書いてあるし(外国人が 書いてあるような へんな日本語ではないです)
購入方法も 楽天などで 購入するのと 一緒のやりかただし、支払いも 国際マネーというのかなぁ? PayPalでの 支払いとか いうわけではなく、
普通に クレジットカードや 振込み、コンビニ決済、代引きなど 日本のサイトで 購入するのと まったく 同じ方法で 購入できるみたいです。

ただ 1つ 違うのは 外国から 送付されるので、発送されても 到着までに 1週間から 10日かかるということだけです。


どの商品を 選んだら いいのか?ということの前に、
このブログを 読みに来られてる人は 歯列矯正を 終わって リテーナー中で ホワイトニングしたいという方も たくさん いらっしゃると思うので。

マウスピース型リテーナーと ホワイトニング用のマウスピースは 違うもののようなんですね。

マウスピース型リテーナーは 歯を保持する力が ある

ホワイトニング用のマウスピースは 保持する力が ない


なので、
リテーナーを 外しておける時間内に、
ホワイトニング用のマウスピースや 自分でお湯で 成形したマウスピースや マウスピースのいらないタイプを 使って、ホワイトニングするのか?

マウスピース型リテーナーを 使って、ホワイトニングするのか?
(違うタイプのリテーナーを使ってる場合、歯科医院で 作成してもらうなら、リテーナー中で あることを 伝えて 作ってもらう)

ということでも どの濃度を 選んだらいいのかというのが 変わってくると思うのです。


1番一般的な濃度は 15%のようで、得子も 15%を注文しましたが、

短時間で 終わらせたいなら 濃度の濃いいもの、20%とか 35%に なるのですが、
濃度が 濃くなるにつれ、しみやすくなるみたいです。

絶対 しみるのはイヤだ!というなら 濃度の薄いもの、10%に なるのですが、長時間 つけておかないといけないようです。


効果のほうは 
濃度の薄いもの(10%)を 長時間 = 濃度の濃いいもの(20%や35%)を 短時間
ということなのですが、

濃度の濃いいもの(20%や35%)を 長時間つけていたからといって、効果が 現れるというものでも ないらしく、
ただ しみるだけ・・・の ようです。(^◇^;)


レビューも いろいろ 読んでみたのですが、
35%でも なんとも ない人もいれば、
20%で なんとも なかったから 35%に してみたところ、ものすごく しみて 5分と つけてられなかったという人も いて、
実際 やってみないことには なんとも いえない感じでしたねぇ。

白くなるという効果に ついても 濃度や 使った時間ではなく、その人の歯の歯質が 1番 影響が あるみたいで、
すぐに 効果が 現れる人も いれば、2週間から 1ケ月ほど たって やっと なんとなく 白くなったかなぁ?という人も いるみたいです。

とりあえず、効果が なければ、気長に 使い続けるしかなく、
しみるなら 短時間で やめるしか ないみたいですね。

しみたとしても 数日がまんするしか ないみたいですし・・・。(^◇^;)

しみるのを 少しでも 軽減するには フッ素を 塗ったり、シュミテクトを 塗ったりすると いいみたいです。
 
ホームジェルか、チェックアップジェルか、ジェルコートFを 持ってれば それを 使えばいいし、
歯科医院か ネットでしか 購入できないので、持ってなければ、ドラッグストアで 買えるシュミテクトを 使えばいいのかなぁと思います。




寝ている時間にしか ホワイトニングできない人は マウスピース型リテーナーを 使って、濃度の薄い 10%を 使って、

起きている時間に 出来る人は 15%を 使って しみるのを 確認しながら 時間を 調整したら いいんでは ないかなぁと思います。



得子の場合は 夜だけ リテーナーで、
マウスピース型リテーナーなのですが、
上の歯のリテーナーが 歯の長さの 2/3ほどしかないため、
上のリテーナーは ホワイトニング用マウスピースとしては 使えず、
下のリテーナーは 使えるという状況なので、

起きている時間に 使用で、
自分で お湯で 成形した マウスピースを 上だけ 使って、
下は リテーナーで ホワイトニングすることに しました。


得子が 購入したのは、こちらの2点です。
お湯で 成形する マウスピースは アマゾンで 送料込み 597円で 購入。
↓こちらの商品

歯ぎしりマウスガード





ホワイトニング剤は オパールエッセンスの 15% 8本入りのを 送料込み 4400円で 購入しました。
↓こちらのサイトが 1番 安かったです。
アイドラッグストアー



実際 使用してみて マウスピースの汚れ具合なんかで 下のマウスピースを 購入するかどうかとか 
やっぱり 歯科医院で マウスピースを 作成してもらうことに するかどうかは 今のところ わかりませんが、
とりあえず マウスピースは 1個のみ 購入したので、
マウスピースとホワイトニング剤の 合計で 5000円でした。


マウスピースの成形も 結構 ややこしかったので、

次は マウスピースの成形のやりかたや ホワイトニング剤の購入方法の説明を しますね。








よかったら、1日1回、こちらを クリックしてね

にほんブログ村 美容ブログ 歯列矯正へ

携帯の人は こちら→ブログ村 歯列矯正








ホワイトニング | 【2012-06-18(Mon) 11:57:53】 | Trackback:(0) | Comments:(4) | [編集]

Copyright © 歯列矯正ブログ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
  1. 無料アクセス解析
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。